通信講座

【公務員試験合格者が解説】クレアールの公務員講座の合格率・合格実績は?合格実績から分かるクレアールの特徴!

クレアールの公務員講座の合格率を知りたいわ

クレアールの公務員講座って、良い評判は聞くけど合格実績はちゃんとあるの?

当たり前ですが、公式ホームページにはカリキュラムのスペック(特徴)について良いことしか書いてません。

しかし、本当に知りたいのは、

スペック(特徴)に見合った実績が出ているのか?

つまり

ちゃんと合格実績があるのか?

ということですよね。

この記事では、そのような悩みにお答えするため、クレアール公務員講座の合格実績を紹介します。

また、現役公務員である僕が、

公務員試験(地方上級試験)合格者の視点から

あらゆる通信講座を徹底比較した上で

合格実績から読み取れるクレアールのメリット・特徴についても分析しています。

MR.K
クレアールの「合格実績」を読み解くことによって、多少なりともクレアールの公務員講座の強みや特徴がわかるのではないか?と考えています

ぜひ、さいごまで目を通して参考にしていただければと思います。

クレアールの公務員講座の合格率は?

出だしから残念なことを言いますと、

現在、クレアールの公務員試験の合格率は、公表されていません。

もしかしたら、

通学形式の予備校と違い、受講生の受験状況をフォローしにくい

という通信制の予備校ならでは事情があるのかもしれません。

いずれにしても、クレアールの合格率を知ることができないというのが現状なのです。

では、クレアールの受講生がどんな自治体に受かっているのかについて、全く知る方法はないのでしょうか?
MR.K
いいえ、そんなことはありませんよ!

ご存知かもしれませんが、クレアールの公式ホームページから合格実績を見ることができます。

合格率の代わりといってはなんですが、クレアールの公式ホームページでは「合格体験記」というものが掲載されています。

この合格体験記では、一部の合格者について「採用自治体」と「採用区分」が掲載されているのです。

クレアールの公務員講座の合格実績は?

ただ、公式ホームページの「合格体験記」は、そのままでは、採用区分・職種ごとの合格者数が一目でわかるようになっていません

それもそのはず。あくまでも「合格体験記」という読み物として掲載しているため、合格実績のデータ化を目的にしていないのです。

当然、一覧表で一目でわかるようにはなっていません。

ということで、この記事では、クレアールの合格実績について一目でわかるように、一覧表を作成しました。

区分・職種 行政職 心理職 技術職 公安系 その他 総計
国家総合 - 8 - - 1 9
国家一般 2 - - - - 2
国家専門 1 6 - - - 7
裁判所総合職 - 1 - - - 1
地方上級 30 9 6 3 2 50
社会人経験者 13 - - - - 13
地方初級 1 - - - - 1
国家(その他) 1 - - 2 1 4
総計 48 24 6 5 4 87

※クレアールの公式ホームページの「合格体験記(2019年)」をもとに当ブログで作成。合格先が複数ある場合、代表的なもののみカウント。

表の見方としては、

  • タテ軸が試験区分
  • ヨコ軸が職種
  • 数字が合格者数

となっています。

クレアールの合格実績からわかることは2つ

では、この表からは、クレアールの公務員講座のどのような特徴が読み取れるのでしょうか?

心理系・福祉系に圧倒的な強み

まず1つ目として、クレアールの合格実績から読み取れるのは、

通信講座でありながら、心理系・福祉系の公務員試験に非常に強い

ということです。

具体的に、クレアールの場合、「心理職・福祉職」については、

国家総合職

裁判所事務官(総合職)

で多数の合格実績が出ています。

区分・職種 行政職 心理職 技術職 公安系 その他 総計
国家総合 - 8 - - 1 9
国家一般 2 - - - - 2
国家専門 1 6 - - - 7
裁判所総合職 - 1 - - - 1
地方上級 30 9 6 3 2 50
社会人経験者 13 - - - - 13
地方初級 1 - - - - 1
国家(その他) 1 - - 2 1 4
総計 48 24 6 5 4 87

※国家総合職合格者の多くが裁判所総合職にも合格しているため、裁判所総合職合格者は表の数よりも多くなります。

MR.K
国家総合職が公務員試験のなかで最難関であることは言うまでもありませんが、裁判所総合職も引けを取らないほどの超難関ですね。

「心理系・福祉系」に強みがあるというのがクレアールの大きな特徴と言えるでしょう。というか、通信講座メインの他の公務員予備校と比べたとき、「心理系・福祉系」に特化したカリキュラムがあるのは、クレアールしかありません。

予備校名 行政職 技術職 心理職 公安系 社会人 高卒
クレアール 13 1 5 1 3 3
アガルートアカデミー 5
ヒューマンアカデミー 1 1
スタディング 3 1 1
ユーキャン 3 1
東京法経学院 総合カリキュラムなし
フォーサイト 総合カリキュラムなし

ちなみに、クレアールで「国家総合職」対策カリキュラムがあるのは、「心理系・福祉系」だけです。

心理職・福祉職以外の

  • 行政職
  • 技術職

については、「国家総合職」対策講座はありません。

つまり、心理系・福祉系だけは「国家総合職コース」という看板を掲げているのですね。そして、実際に多数の合格実績をあげています。

このことからも、「心理職」試験対策に対する、クレアールの力の入れようがわかります。

\期間限定!セミナーDVD無料プレゼント/

社会人経験者採用にも強い

合格実績からわかるもう1つの特徴としては、

社会人経験者コースに強い

ということです。

区分・職種 行政職 心理職 技術職 公安系 その他 総計
国家総合 - 8 - - 1 9
国家一般 2 - - - - 2
国家専門 1 6 - - - 7
裁判所総合職 - 1 - - - 1
地方上級 30 9 6 3 2 50
社会人経験者 13 - - - - 13
地方初級 1 - - - - 1
国家(その他) 1 - - 2 1 4
総計 48 24 6 5 4 87

しかも、この表では、大卒程度区分で合格している現役社会人も「地方上級」としてカウントしています。つまり、現役社会人の合格者は表の数よりもっと多くなります。

実際にクレアールでは、

社会人コースのみ、論文添削が無制限で受けられる特典

社会人コースをひとくくりにしない、志望先ごとの細かなカリキュラム設定

など社会人経験者採用試験にかなり力を入れている様子がうかがえます。

MR.K
社会人経験者コースだけで3つもあるのは、通信制のなかではクレアールだけですね
予備校名 行政職 技術職 心理職 公安系 社会人 高卒
クレアール 13 1 5 1 3 3
アガルートアカデミー 5
ヒューマンアカデミー 1 1
スタディング 3 1 1
ユーキャン 3 1
東京法経学院 総合カリキュラムなし
フォーサイト 総合カリキュラムなし

合格実績から読み取れる社会人経験者の合格数の多さは、このようなクレアールの企業努力の結果と言えるかもしれません。

表面的なスペックと実際の合格実績を見るかぎり、社会人経験者採用で公務員を目指しているのであれば、クレアールがベストだと言えるでしょう。

\数量限定!「公務員転職ハンドブック」無料プレゼント/

その他のカリキュラムはどうなの?

以上から、

心理・福祉系

社会人経験者

これらのカリキュラムでは、クレアールをを選んでおけば間違いないでしょう。

それから、「技術職」についてもクレアールがおすすめです。体系的なカリキュラムを提供しているのは、通信講座のなかではクレアールしかありませんので。

ただ、問題は「行政職」です。

結論からいうと、「行政職」については、クレアールをあまりおすすめしません。

厳密に言うと、クレアールも「行政職」区分でじつにすばらしい合格実績をあげているのですが、個人的にはベストなカリキュラムではないと考えています。

区分・職種 行政職 心理職 技術職 公安系 その他 総計
国家総合 - 8 - - 1 9
国家一般 2 - - - - 2
国家専門 1 6 - - - 7
裁判所総合職 - 1 - - - 1
地方上級 30 9 6 3 2 50
社会人経験者 13 - - - - 13
地方初級 1 - - - - 1
国家(その他) 1 - - 2 1 4
総計 48 24 6 5 4 87

どちらかといえば、「行政職」での受験を予定している人には、

法律系の講座にかなり強い(司法試験・国家総合(行政職)での合格実績あり!)

講義・テキストの内容がかなり濃い(担当講師が直接テキストを作成!)

という理由から、クレアールよりもアガルートの方を個人的にはおすすめしています。

アガルートアカデミーの公務員講座については、こちらの記事で詳しくレビューしています。

こちらも読む
【2021年最新】アガルートの公務員講座を徹底レビュー

続きを見る

そして、クレアールよりもカリキュラムの費用が安い、つまり、コスパが高いのですね。

予備校名 コース名 価格
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース 265,000円
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム 219,000円

ただ、これはあくまでも、一人の公務員試験合格者である僕の「主観的な」意見です。

どちらが良いかは、リアルな口コミなども参考にしながら決めるのがよいでしょう。

こちらも読む
アガルートの公務員講座の口コミまとめ

続きを見る

こちらも読む
クレアールの公務員講座の口コミまとめ

続きを見る

また、この記事で書ききれなかったクレアールの特徴については、こちらのレビュー記事で詳しく解説しています。あわせて参考にしていただければと思います。

こちらも読む
【2021年最新】クレアールの公務員講座を徹底レビュー

続きを見る

まとめ

クレアールの合格実績を簡単にまとめると、

クレアールの自社PRと実績はほとんど一致している

と考えて問題ないでしょう。

つまり、

心理系・福祉系

社会人経験者採用

これらの区分で公務員試験を受けるのであれば、クレアールで間違いないでしょう。

ただ、いくらカリキュラムが充実していようと、最終的には個人的な「相性」も重要です。

できれば、いきなり本申込みするのではなく、無料の授業などで実際に体験してみるのがベストです。

どのカリキュラムも10万円以上しますからね…

幸いなことに、クレアールでは無料の体験授業があります。まずは資料請求してみて、無料講義を体験してみてはいかがでしょうか?

MR.K
今だとさらに、心理系・福祉系コースなら「セミナーDVD」が、社会人経験者コースなら「公務員転職ハンドブック」がもらえますよ!

\完全無料!5分で完了!/

-通信講座
-クレアール, 合格実績

© 2021 それでも公務員になりたいの?