通信講座

【2021年最新】公務員試験合格者が徹底解説!スタディングの公務員講座ってどうなの?

2021-05-21

スタディングって、最近テレビCMとかでよく見るけど、実際のところどうなんだろう?
MR.K
今回は、このような疑問に回答します!

この記事では、現役地方公務員である僕が、公務員試験合格者の視点から

スタディングの公務員講座の特徴

スタディングの公務員講座はどのような人にオススメか?

について徹底解説してみましたので、ぜひとも参考にしてみてください。

ちなみに、公務員講座の比較レビューはこちらの記事で詳しくまとめています。

\期間限定11,000円OFF/

 

スタディングの公務員講座にはどのようなものがあるの?

現在、スタディングで開講されている公務員講座は、

の5つがあります。

地方上級・市役所 一般知能速習コースは、その名のとおり、「一般知能」の学習に特化したコースであるため、

  • 一般知識(人文科学・社会科学・自然科学)
  • 論文
  • 面接

などがカリキュラムに含まれていません。

「一般知能」とは?

一般知能とは、公務員試験の中で主に次の出題区分を指すものとされています。

  1. 数的処理(数的推理/判断推理/空間把握/資料解釈)
  2. 文章読解(現代文/英文/古文)

ちなみに、地方上級・市役所 教養合格コースは、大学3年生向けの学習期間が2年間のタイプ大学4年生や既卒者向けの学習期間が1年間のタイプがあります。

スタディングの公務員講座のメリット

安さがダントツ1位

スタディングには、数ある公務員試験対策の通信講座の中で、

圧倒的に値段が安い

というメリットがあります。

各通信講座の「地方上級試験」対策講座の料金比較

予備校名 コース名 価格
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース 265,000円
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム 219,000円
ヒューマンアカデミー 公務員上級【安心合格】講座 244,000円
スタディング 地方上級・市役所 教養合格コース 54,780円
ユーキャン 国家一般職・地方上級コース 89,000円

他の通信講座の多くが20万円以上するのにたいして、スタディングの地方上級・市役所コースの値段はわずか54,780円とダントツで安いですね。

なぜこれほどスタディングが安いかというと、

  • 専門試験対策
  • 論文添削
  • 模擬面接

などがカリキュラムに含まれていないのが大きな理由でしょう。

予備校名 コース名 専門 教養 論文対策(添削回数) ES添削 面接対策(模擬回数) 質問回数
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース ◯(無制限※) 無制限 ◯(無制限) 無制限
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム ◯(5回) 無制限 ◯(無制限) 無制限
ヒューマンアカデミー 公務員上級【安心合格】講座 ◯(2回) 無制限 ◯(12回) 無制限
スタディング 地方上級・市役所 教養合格コース (0回) 1回 (0回) 3回
ユーキャン 国家一般職・地方上級コース ◯(1回) 1日3問

 

たしかに、これらのサービスがないのは、これからはじめて公務員試験の勉強を始める人にとっては少し頼りないかもしれません。

もしこの点について心配であれば、

  • 他の予備校の単科講座
  • 大学のキャリアサポート

などを利用するなど、何らかの形で添削や模擬面接が受けられるようにする必要があるでしょう。

MR.K
いずれにしても、同じようなサービス内容のユーキャンと比べても、スタディングの値段の安さは際立っています

とにかく「料金」重視で公務員試験対策をしたいのであれば、スタディングの通信講座はオススメです。

スタディングの公務員講座のデメリット

つぎに、スタディングのデメリットについて解説します。

質問が3回しかできない

まず、スタディングは、

受講期間中に3回しか質問できません。

このデメリットは、他の通信講座とくらべると際立ちます。

予備校名 コース名 質問回数
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース 無制限
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム 無制限
ヒューマンアカデミー 公務員上級【安心合格】講座 無制限
スタディング 地方上級・市役所 教養合格コース 3回
ユーキャン 国家一般職・地方上級コース 1日3問
MR.K
たとえば、アガルートアカデミー クレアール は、無制限で質問することができますね

乱暴に言うと、スタディングは基本的に動画配信だけの、一方通行的なスタイルの通信講座なのですね。

真剣に講義を聞けば聞くほど、いろんな疑問が湧き出てくるものです。

そんなとき、気軽に質問できないのは、少し不安ですね。

論文・面接対策が弱い

それから、スタディングの公務員講座は、

論文・面接対策が弱い

というデメリットがあります。

具体的に言うと、添削や模擬面接など、アウトプット型の学習がほとんどないのです。

たしかに、論文・面接対策講座もカリキュラムに含まれているのですが、これらはあくまでも、一方通行で講義するだけ。

スタディングのアウトプットといえば、ES添削が1回だけ受けられるくらいでしょう。

これは、クレアール アガルートアカデミー など、価格帯の高い通信講座が、

  • 論文添削
  • ES添削
  • 模擬面接

などを、ほぼ無制限で受けることができるのに比べて劣るところです。

予備校名 コース名 専門 教養 論文対策(添削回数) ES添削 面接対策(模擬回数) 質問回数
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース ◯(無制限※) 無制限 ◯(無制限) 無制限
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム ◯(5回) 無制限 ◯(無制限) 無制限
ヒューマンアカデミー 公務員上級【安心合格】講座 ◯(2回) 無制限 ◯(12回) 無制限
スタディング 地方上級・市役所 教養合格コース ◯(0回) 1回 ◯(0回) 3回
ユーキャン 国家一般職・地方上級コース ◯(1回) 1日3問
MR.K
論文や面接に自信がないのであれば(ほとんどの人がそうだと思いますが)、論文試験・面接試験対策がしっかりと充実している通信講座を申込むことを強くおすすめします

たしかに、アガルートアカデミー クレアール だと、どのカリキュラムも10万円〜と割高です。

しかし、目先のお金をケチった結果、公務員試験に合格できなければ、もともこもないですよね?

というわけで、個人的には、多少高くてもいいから、論文や面接対策がしっかりとしている(プロの講師からフィードバックが得られる)通信講座に申込むほうをオススメしています。

【2021年最新】公務員試験合格者が資格予備校アガルートアカデミーの公務員講座を徹底解説(おすすめ度・メリット・デメリットは?)

続きを見る

【2021年最新】公務員試験合格者がクレアールの公務員講座を徹底解説(どんな人におすすめ?口コミ・メリット・デメリットは?)

続きを見る

専門試験対策がない

また、

スタディングは、すべてのカリキュラムで専門試験対策がありません。

つまり、新規学卒者であろうと社会人であろうと、スタディングのカリキュラムが対象としているのは、あくまでも教養試験のみの自治体ということなのですね。

しかし、実際は、地方上級や市役所であっても、多くの自治体では専門試験が出題されることがほとんどですよね。

そうなると、当然、スタディングのカリキュラムだけで対応できる自治体は限られてきます

もし、受験しようとしている自治体で専門試験が出題されるのであれば、

スタディングではなく、専門試験対策がしっかりしている他の通信講座に申込む

スタディングと並行して、他の予備校の単科講座などで専門試験の対策をする

などの対応が必要でしょう。

ちなみに、

行政職で受験予定なら、アガルートアカデミー

技術・心理・福祉職で受験予定なら、クレアール

がオススメですよ!

スタディングの公務員講座はこんな人におすすめ

個人的には、全体的にメリットよりもデメリットの方が際立っている印象のスタディングです。

それでは、まったくオススメできないのでしょうか?
MR.K
いいえ、そんなことはありませんよ!

条件は限られてきますが、次のような人には、スタディングをオススメできると考えています。

①公務員試験の学習経験者

過去に一度ガッツリと公務員試験の勉強をしたことがある人

このような人が、勉強しなおす目的であれば、スタディングは非常におすすめです。

デメリットのところでも触れたように、スタディングは、質問の回数が限られていたり、論文や面接対策が弱かったりします。

そのため、初学者にはなかなか手放しにおすすめできるものではありません。

しかしながら、過去に一度でも公務員試験対策の勉強をしたことがあるのであれば、話は別です。

スタディングでは、アウトプット型のカリキュラムがほとんどない反面、圧倒的に安い料金でひととおり学習することができるのです。

初学者に手取り足取り教えてくれるような予備校で、もう一度基礎から学びなおす必要がないのであれば、スタディングを検討する価値ありです。

\期間限定11,000円OFF/

 

②教養試験のみの自治体を受験予定の人

教養試験のみが出題される自治体を受験予定の人

にとっても、スタディングはおすすめです。

教養試験に特化したカリキュラムをわずか5〜6万円台で受講できるのが、スタディングの大きなメリットです。

予備校名 コース名 価格 専門 教養 論文対策(添削回数) ES添削 面接対策(模擬回数)
クレアール 合格目標 1年合格 地方上級(全国型)コース 265,000円 ◯(無制限※) 無制限 ◯(無制限)
アガルートアカデミー 地方上級・国家一般職カリキュラム 219,000円 ◯(5回) 無制限 ◯(無制限)
ヒューマンアカデミー 公務員上級【安心合格】講座 244,000円 ◯(2回) 無制限 ◯(12回)
スタディング 地方上級・市役所 教養合格コース 65,780円 ◯(0回) 1回 ◯(0回)
ユーキャン 国家一般職・地方上級コース 89,000円 ◯(1回)

ひとつ注意するべきは、教養試験のみの自治体であっても、

  • 論文試験
  • 面接試験

を重視している自治体を受験する場合です。

ただ、論文試験や面接試験に不安がある場合は、他の予備校の単科講座などでカバーすれば問題ないでしょう。

無料講義を視聴してみた結果、スタディングの公務員講座と相性が良いという人は、

スタディングのカリキュラム + 論文添削・模擬面接の単科講座(別の予備校などで)

という方法も十分ありだと思います。

\期間限定11,000円OFF/

 

いずれにしても、教養試験対策に特化した対策をしたいのであれば、スタディングはなかなかコスパが高いですよ。

さいごに

いかがでしょうか?

今回は、スタディングの公務員講座について、公務員試験合格者の視点から徹底レビューしてみました。

この記事のまとめ

スタディングの公務員講座は、専門試験対策がない、論文添削・模擬面接がないなどのデメリットがある一方、ほかの通信講座よりも圧倒的に安い料金で受講できるというメリットがある

スタディングの公務員講座は次のような人におすすめ

  • 公務員試験勉強の学習経験者
  • 教養試験のみの自治体を受験予定の人

\期間限定11,000円OFF/

 

-通信講座
-アガルートアカデミー, クレアール, スタディング

© 2021 それでも公務員になりたいの?